環境問題への取り組み ~私たちの想い~


現在世界的に深刻な環境問題となっている海洋プラスチック問題。
このうちの8割以上が陸上で発生し、最終的に海へと流出する事によりこの問題が起こっています。
この海洋プラスチックごみの中でも特に多いのが容器等の「使い捨て用のプラスチック」
私たちはこの問題と真摯に向き合い、現在使用しているプラスチックカップなどのバーベキュー器材を、紙や自然に還るナチュラル素材へと切り替えることで可能な限り地球環境への負荷を軽減し、持続可能な循環型社会に貢献するよう努めて参ります。
また、今後はプラスチックごみ問題だけではなく、バーベキューサービスを通して日本の森林保全活動にも目を向け、間伐材を利用した木炭や割り箸への切り替えも順次進めて参ります。

深刻化する日本国内での廃プラスチック問題


日本のプラスチック生産・消費量は年間約1,000万トンにも上り、そこに2017年に発表された中国の廃棄物輸入禁止措置の影響で、

現在日本では廃プラごみの処理が追い付かず、このままでは廃棄物処理現場に廃プラごみが溢れ返り、日本国内に廃プラの山が放置される事態が起こりかねないと言われています。

 

参考:日本のプラスチックごみが溢れ返り始めた訳【東洋経済オンライン】

脱プラスチックに向けて  ~私たちにできる事~

私たちはこれらの環境問題に対し当事者意識を持ち、今まで当たり前のように使用していたプラスチック器材を見直し、できる限り地球環境に優しい原料の器材を使う事で、脱プラスチックを進めて参ります。

 

私たちは地球環境に優しい、

天然由来原料の紙コップを使用します。

 

私たちが使用する紙コップは従来の石油系フィルムを施したものとは異なり、
天然由来の原料PLAコーティングを施し、再生紙へとリサイクルすることも可能な、
よりエコに特化した紙コップを使用しています。

 

私たちは地球環境に優しい、
天然由来原料の紙皿を使用します。


一般的な紙皿とは違い、天然由来(さとうきび等)原料で、
地球環境に優しい紙皿を使用します。

 

私たちは包装容器の減量化に努めます。

 

お客様に提供するお肉の包装容器について従来の方法を見直し、排出される発泡スチロールトレイの減量化に努めます。

 




 

日本の森林を守るため ~私たちのチャレンジ~

私たちは脱プラスチックへの取り組みと同時に、2019年1月より日本の森林保護と持続可能な資源循環を目指し、

「LOVE EARTH PROJECT」と称した森林保全活動(間伐)支援を進めて参ります。

※「LOVE EARTH PROJECT」について

私たちは日本の森林保護を目的に、
国産間伐材を原料とした割り箸を使用します。


日本の森林保全活動の一環として、現在使用している安価な外国産原料の割り箸から、

国産間伐材を原料とした割り箸への切り替えを進めて参ります。

 

私たちは日本の森林保護を目的に、
国産間伐材を原料とした木炭を使用します。


日本の森林保全活動の一環として、現在使用している安価な外国産原料の木炭から、

国産間伐材を原料とした木炭への切り替えを進めて参ります。